スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃め歌 by 平 啓

作:平 啓
分量:30枚  使用お題:旱星、 汗を拭う、親戚の家


 陽が西に傾いたころ、隊列が近づいてくるとの連絡があった。
 物見櫓に上って見わたせば、南へ延びる道の向こうに、数十頭の大きな荷を背負ったロバが並びくる。それらを引き連れた馬上の人物が手を振るのを見て、ヨアブは頬を緩ませた。梯子を飛び降り大股に歩み寄る彼の脇を、兵士達が歓声をあげて駆けぬける。ロバの積み荷はつぎつぎと解かれて、陣営はたちまち活気にあふれた。これでまたしばらくの士気は保たれるだろう。
「騎乗の帰還とは豪勢じゃないか」
「いえ、なかなか大変です。歩いた方がよほどましです」
 ヨアブが馬の手綱を取って出迎えると、馬上の若いウリヤは苦笑しながら鞍から降りた。
「でも王がくださった馬ですから、乗らないわけにもいかなくて」
「先の活躍はしっかり王の目に留まったんだな。出世して百人の隊長、千人の隊長ともなれば、馬での進軍は欠かせないから、俺もお前と馬を並べる日が待ち遠しいぞ」
 軍団長から手放しの期待を寄せられ、青年は頬を染めて白い歯を見せた。と、あ、と小さくつぶやき、馬に結んだ袋から封印された粘土版を取り出す。
「王から将軍へのご命令です。それから、これはアビシャイ殿から」
 こちらは炭で文字の書かれた陶器片。いくつかの言葉が目に入り、ヨアブはちらりとウリヤ窺ったが、青年の表情は変わらず屈託ない。異邦人はイスラエルに比べ、字の読めない者が多く、まして幼いころから戦いの間中で育った戦士ではと思い至った。
「ご苦労だったな。夕餉時だ。食いながらエルサレムの話を聞こうじゃないか」
 粘土版と陶器片を小脇に抱え、ヨアブはもう一方の腕を若い肩に回した。
 
「まだまだ兵糧は尽きないようですね」
 茜空に黒々と浮かび上がる城塞へ、ウリヤは厳しいまなざしを向けた。石壁のあちらこちらから、炊事の煙が上っている。
「アモン人のラバと言えば、堅牢な街で名高いからな。数百人の抱えても、貯蔵庫の食料はそうそう減らんさ」
 ロバが運んできた兵糧で、この日ふるまわれた久しぶりの煮込み料理にヨアブは舌鼓を打った。古くからの戦友達の歓談も、ことさら今夜は弾んでいる。
「兵への王の気配りは今日に始まったことじゃないが、今回の奮発ぶりは気味が悪いくらいだな」
「そりゃ王に失礼だぞ。おい、ウリヤ。お前何を話して王を喜ばせたんだ?」
 百戦錬磨の勇士達の視線をむけられ、青年は首を傾げた。
「これといったことは別に……ふつうに戦況報告とか、軍団長や兵士達の様子とか」
「ご自分も戦場にでたくて、うずうずなさっているんだろうな。まあ小競り合いばかりじゃ、出番はないが」
 戦士の一人エリアムの言葉に、一同がため息をつきながらうなずく。アモン人の立てこもるラバの城壁を包囲して、すでに三月を数えていた。
 この戦いは前年、アモン人の王ハヌンよりイスラエルが受けた誹りへの報復戦から始まった。ラバに迫ったヨアブ率いるイスラエルは、ハヌンが雇ったアラム兵に挟撃され一時は危ぶまれたものの、主の力によって勝利を得ることができた。しかし、これによってイスラエルの脅威を覚えたアラムの各王が団結し、川向こうの仲間まで連れだしてカナンの地へ南下してきたのだ。彼らの侵攻はこれまで幾度もあったが、王に率いられたイスラエルはヘラムでの激しい戦いに勝利を得、ついにアラムとの和を講じることができた。
 こうして北の憂いを払ったこの春先、当初の目的を果たすため、ヨアブを軍団長としたイスラエル軍はアモン人の地へ再び進攻した。小さな町々を制し、いまや王ハヌンのいるラバは眼前なのだが。
「しかし、こりゃいつまで続くんだ。攻め上って壁に近づこうにも、矢の雨、石の雨、煮え湯の雨ときた日にゃ、手も足もでん」
「乾季が進むのを待っているんだ」
 片づけをする小姓に器を渡しながら、ヨアブは一同を見まわした。
「ブドウの収穫も終わるころになれば、俺たちが暑さに音を上げて引き下がると思っているのだろう」
 これを聞いた勇士の面々は互いに顔を見交わし、くすくすと肩を震わせた。
「ずいぶんと見くびられたもんだ」
「荒野の放浪を思えば、ここの夏の日照りなぞ、汗を拭うほどもない涼しい木陰と同じだぜ」
 それは言い過ぎと、高く笑い声があがったが、ヨアブの心中は深く首肯している。
 前王サウルから憎まれ、その追撃を逃れるため荒野の洞窟を渡り歩いた日々は、待つことをいとわない強靱な忍耐を彼らに与えた。それはいまや王となった『男』への、信頼と従順が培ったものだ。『男』がイスラエルの主に向ける信頼と従順ゆえに、勇士達は荒野のなかにあっても、彼が神によって油注がれた者であると強く確信することができたから。
「わたしももう少し早く生まれていれば、荒野で王に従う勇士の一人になれたのに」
 面々の昔話をうらやましく聞くウリヤへ、エリアムが微笑みかける。
「アモン人との戦いで、お前が誰よりも速く戦場を走り、どれほど多くの敵を倒したか俺はよく知ってるぞ。こんな誇らしい娘婿はどこにもいない」
「そういえばエリアムの娘はたいそう美人だったな。そうか! 王がウリヤに与えた一番の褒美は、お大事の嫁御との逢瀬か!」
 ひときわ大きく歓声が上がる。ために、首を振るウリヤの言葉はかき消え、だれも聞くことはなかった。

 ヨアブが天幕を出ると、陣営は深い眠りの底に落ちていた。とはいえ、松明の勢いよくはぜる音は響き、寝ずの番をしている歩哨の影がそこここに立っている。自分の作り上げた軍規が守られている様に満足を覚え、ヨアブは歩哨と挨拶を交わしながら物見櫓へ向かった。
 櫓の上へ声をかけ、梯子を上ると兵の中にウリヤがいる。
「どうも眠れなくて」
 俺も同じだと返したヨアブは、しばらく自分らが見張ると言って、ほかの兵士を下がらせた。
 眼下に散らばる松明の間に、おびただしい数の兵が休んでいる。かつて荒野をさまよっていたころ、何度この光景を目の当たりにしただろう。が、当時それらはすべて、あの『男』を追い狙う敵兵だった。今ここにあるのは逆に、王となった『男』に命を捧げた軍勢だ。ユダ族のみならず、全イスラエル部族が王に従い、神の力の偉大さが世に顕れた姿だった。
 ヨアブは夜空をふり仰いだ。
 隙間のないほどに、星々が全天を覆う。イスラエルの父祖アブラハムに与えられた神の祝福の約束は、この無数の輝きの前でなされた。子孫繁栄と譲りの地カナン。それは王となった『男』の手によって、この時まさにかなえられようとしている。神がともにおられる王とその王国。
 彼の手足となって戦う喜びが、ヨアブを満たした。
「ラバが陥ちるのは、やはり乾季をこすのでしょうか」
 それまで闇に沈む城壁へ臨んでいたウリヤが、顔を向けてきた。
「エルサレム攻略は、将軍がたちまち成し遂げてしまいましたよね」
「成し遂げたのは王だ。いや、イスラエルの主だ」
 まあ、とヨアブは言葉を継ぐ。
「あのときは侵入路がわかっていたからな」
 当時エブスと呼ばれた街は、ヨアブやその叔父でもある『男』の故郷ベツレヘムに近かった。幼い頃は、しばしば家族とともに街を訪れ、親の目を盗んでは街を徘徊したものだ。それが城外にあるギホンの泉から内部へ通じる、トンネル発見のきっかけとなった。
 あの時王は言った。
——だれでも真っ先にこの街を打った者を軍団長としよう。
 これをヨアブが勝ち取った。それまでユダの戦士を率いてきた実績はあったが、後から加わった残りのイスラエル兵を納得させるには、最大の効果となった。おそらく王はこれを見越していたのだろう。
 しかし——
 その裏の想いもヨアブは知っている。
「ラバの侵入路はみつかりませんか?」
「水の都の名のとおり水源は城内にあるし、ほかを探そうにも壁に近づくことすらできないからな」
 今のところ十分な備蓄食料ときたる日照りの鞭を期待して、城内の士気は保たれているようだ。時がたち、飢餓への不安が満ちれば内通者もでようが。
「大きな合戦にはなりそうもないですよね」
 いささか気落ちしたウリヤの表情を、まあな、とヨアブは盗み見た。
「おまえは……たいそう足が速かったな」
 はあ、とウリヤは小さくうなずいた。
「『ガゼルのアサエル』にはとても適いませんが」
 はにかんだものの、その瞳はほこらしげに星の光を返している。
「アサエルか」
 つぶやいて夜空に戻したヨアブの目が、南天にかかる赤い星を捉えた。
 弟を埋葬した夜もあの星が瞬いていた。
 
 前王サウルと王子達がギルボア山で斃れたのち、唯一生き残った王子イシュ・ボシェテが、マハナイムでイスラエルの次王として立った。それに尽力したのが、長くサウルに仕えていた将軍アブネルだ。このときすでに、ユダ族はヘブロンで今の王に油を注いでいたので、当然内紛がおこった。
 しかしあからさまに分裂しては、他民族に隙を与えてしまい、共倒れは避けられない。そこで双方同じ数の強者を順に出し、剣の闘技によって宗主権をかけることになった。アブネルがイスラエルを、ヨアブがユダをそれぞれ引き連れ、ギブオンの池のほとりで対峙したのだが。
 池を染める血が戦士達を逆上させた。
 気づけば全員が剣を握る激しい戦いとなっていた。形勢の不利を見たアブネルは、いち早く自軍に退却を命じたが、ヨアブはこれに追い打ちをかけた。
 イスラエルの王は、己の掲げるあの『男』ただ一人。この確信のもと、最初から儀式めいた勝敗に神の国の行く末をかける気など、ヨアブには毛頭なかったのだ。アブネルを打てば、サウルの家は自然に瓦解する。だから先頭で走る弟アサエルに叫んで命じた。
——アブネルの足を必ず止めろ!
 追いついたとき、弟はアブネルの槍を腹に受けて倒れていた。抱き抱えるとうっすら目を開けたが、たちまちに絶命した。離れた崖の上から、アブネルの声が届く。
——いつまでも剣で人を滅ぼしてよいものか! お前たちの兄弟を追うのをやめて、帰るんだ!
 確かにユダもほかのイスラエルの部族も、ヤコブの根から生まれた兄弟だ。だが剣を手に、王になる前のあの『男』をどこまでも追ってきたのは、どちらであったか。
 しかし、この胸の怒りをヨアブは表にしなかった。アサエルの死によって戦士達の士気が落ち、アブネルを討つ機を逸したと悟ったからだ。愛する末弟を失い涙を流す上の弟アビシャイを励ましながら、星明かりの夜道をアサエルの遺体を運んだ。
 その目を捉えた赤い光——星。
 ヨアブにとってそれは、自分が手を下すべきアブネルの血の色に見えた。
 
「エルサレムでは、妻の元に帰ったのか?」
 いきなり軍団長が、再びの問いを向けてくる。およそこの場にふさわしくない内容に、ウリヤはしばらく目を瞬かせて首を振った。
「あ、いえ、王にも勧められたんですが」
 眼下の陣営に視線を巡らす。
「神の箱も仮庵に住み、軍団長やほかの仲間たちが夜露に濡れているのに、わたしだけがのんびり家でくつろぐことなどできません」
 戦士としての自負に結ばれた口元を見つめながら、ヨアブはウリヤの横に並んだ。
 それは——
「まさに王の勇士としての資格は十分だ」
 ウリヤの頬がうれしさに緩む。
「ありがとうございます」
「しかし、若妻一人置いての出陣は心配でないのか? 王の都とはいえ、不埒な奴はどこにでもいるぞ」
「ああ、それなら」
 親戚の家に、とウリヤは言った。
 岳父エリアムの父アヒトフェルが議官として王に仕え、王宮の近くに家を構えている。
「護衛や召使いはたくさんいるし、なにより王の御側なら、これ以上の安心はありませんから」
 安心——平安(シャローム)と、ヨアブは口の中で言葉を転がした。それは、王国の未来がはるかに開けた日に、彼の心を満たしたものでもある。
 あの赤い星を見上げながら。両の手が、血に濡れていたにもかかわらず。

 その日、ヨアブが留守の間、マハナイムから将軍アブネルがヘブロンの王を訪問し、サウルの家に仕えるイスラエルが、ユダの王との契約を結ぶ由を伝えてきた。喜んだ王はアブネルとその部下をおおいに歓待し、平和のうちに彼らを送り出した。そこへ帰還したヨアブは、これを聞いて王に詰め寄った。
——なぜ、あいつを無事に帰したのか! あいつの言葉を信用するな!
 サウルの家でのアブネルの専横を、ヨアブは独自の人脈によって伝え聞いていた。あの狡猾なベニヤミンをユダの家に招くことは、いずれ王を再び追われる身とするだろう。
 しかし、アブネルの朗報に心浮き立たせた王は、耳を貸そうとしない。業を煮やしたヨアブは、すぐさまアブネル一行を追うよう、使いを走らせた。王が呼んでいるとの偽の伝言を携えさせて。
 城壁の外は、すでに闇が降りていた。
 もう危険な夜道を戻ってくることはあるまいと諦めかけたとき、南にかかる赤い星に気づいた。目を染める赤。流さなければならぬ血。やがてその星光が、城門に近づくいくつかの影を照らす。アブネルだった。
——ああ、兄弟。久しぶりだな。
 ヨアブは笑みを交わして肩を抱き合うと、白髪のかかる相手の耳にささやいた。
——王に会う前に、これからの軍隊の編成について話がある。こちらへきてくれないか。
 ことは通り門の扉の陰で行われた。小さく唸ったアブネルの体はヨアブにもたれ、ゆっくりと地に落ちていった。
 このときヨアブを包んだのが、心の底からの平安(シャローム)だった。もはや、イスラエルの中であの『男』を追う者はいない。荒野の道なき道を引きずった足は、神の王国を統べる道をまっすぐ進むだけとなったのだ。剣を握る手に生暖かい感触を覚えていると、松明を照らしてきたアビシャイが、荒い息の合間に、亡き末弟の名をつぶやくのが耳に残った。
 王は名将の死を深く嘆き悲しんだ。ユダとイスラエルの民の前で衣を裂き、哀悼の歌を歌った後で、アブネルを手にかけた自軍の将を激しく非難した。
——ネルの子アブネルの血についての咎は、ヨアブの頭と彼の父の全家にふりかかるように。病と飢えと無能とが、その血筋から絶えることがないように。
 それでも、ヨアブが民に糾弾されることはなかった。闇討ちにはなったが、末弟の血に報いたことには変わりはなかったのだから。
 この後、柱を失ったサウルの家が滅び、かの元にあったイスラエル全家は王と誓約を結んで、その頭に油を注いだ。ユダとイスラエルによって、ようやく『男』は全イスラエルの王となったのである。

「そうか。それなら安心して、おまえも心おきなく戦えるというものだな」
 ヨアブは腕を組みながら、出陣前に開かれたウリヤとその妻の祝言を思い起こした。勇士エリアム、議官アヒトフェルと、王家の屋台骨を支える家の祝祭は、二週間続いたものだ。
「ええ。でも、こういう状況では、手柄は当分お預けです」
 苦笑を返したウリヤは、恨めしそうにラバの城壁を見上げた。
 イスラエルの軍勢には、ヤコブの子孫だけではなく、さまざまな異邦人の傭兵が含まれている。もちろん加わるには、イスラエルの神を己の主とし、しるしとしての割礼を受けることが条件だ。だが民族的な序列から、イスラエル以外の者が社会的な地位を得るには、それなりの大きな貢献が必要だった。
 ヘテ人ウリヤは先のアラムとの戦いで名をあげ、王とイスラエルへの忠誠の深さと戦士としての強さを、民の前に知らしめた。そんな彼を勇士のエリアムがいたく気に入り、花のように育った自分の娘と娶せたのだが。
 文字も読めない身では、戦いでより以上の成果が期待されているようだ。
「戦うのは主であり、勝利は主がくださるもの。個人の満足のためではないぞ」
 ヨアブが意地悪く正論をなげかけると、青年は再び顔を引き締め大きくうなずいた。
「はい。確かにそうです。主に従う王によって、われらは勝利に導かれるのでしたね」
 ウリヤは姿勢を正すと礼をした。
「そろそろ物見兵を戻しましょうか?」
 邪気なくうかがいをたてる青年の顔を、ヨアブはしばらく見つめ、唇を湿らせた。
「一つ……作戦があってな」
 顎をあげて、ウリヤへ城壁を見ろと促す。
「小競り合いは、だいたい三四日ごとで、次は明日あたりだ。毎日こちらがしかける挑発に、気の短い奴が辛抱できなくなるんだ。まあ、城内の士気を保つためでもあるし、こちらの武器をぶん捕ろうという魂胆もあるが」
 この半ば慣れきった争いの油断を突こうと思う、とヨアブは言った。
「城門への坂の途中、道をはずれた右側だ。小さな茂みが見えるだろう」
 ウリヤはヨアブの側に寄って、その指先が示す闇に目を凝らした。
 あそこから城門まで一息に駆け抜けられるか。
 低いしわがれた声が、ウリヤの耳元に届いた。
「やつらが出た時すぐ戻れるように、戦いの最中の城門は少し開いている」
 自分達が敵兵の囮になっている間に、なんとか門に飛び込み、閂がかけられるのを遅らせられないものか。そうなれば引いていた自分達はすぐに攻勢へ出て、後に続くことができる。
 だが——
 大きく息をついたヨアブは、首を振った。
「あまりに危険だな。焦ることはない。じっくり王の勇士として数えられる日を待つことだ。異邦人でも王は差別をされないから、その時は必ずくるだろう」
 声の調子を戻して、ウリヤの肩を気安く叩く。
「もう降りよう。兵を呼び戻して、天幕でゆっくり休もう」
「将軍」
 今度はウリヤが低く呼びかけた。
「王が主に従う限り、勝利はいつもわれらの手の中にあります」
 硬い笑みを浮かべる。
「王のために、主のために走ります」

 暁闇の向こうへ、兵士達の影がとけ込んで消えた。
 ウリヤと彼へ部下として与えた特に足の速い者十人が、明るくなる前に茂みに潜むため密かに出立したのだ。陣営のはずれで彼らを見送ったヨアブは、踵を返して己の天幕へ向かった。
 赤い星はすでに西へ傾き、東には明星が上っていた。
 朝の到来を告げる、希望の星。闇に瞬く幾千幾万の砂子の中で、燦然ときらめく星。常に太陽とともにあるそれは、常に主とともにある王の星だ。
 その輝きは、荒野で夜明けを見つめていたあの『男』の横顔に重なっている。
 死海のほとりエン・ゲディの洞穴から、夜番のため『男』はただ一人、東の明けゆく空に向かっていた。ささやく人声に目覚めたヨアブが洞窟の入り口に目をやると、ほのかな朝焼けに浮かぶ『男』の姿があった。
 背を丸め立てた膝に顎をのせながらも、瞳はまっすぐ遙かな空へ向けられている。
 ささやきは、その口からもれている祈りだった。
 
 神よ。私をあわれんでください。
 私のたましいは
 あなたに身を避けていますから。
 まことに、滅びが過ぎ去るまで、
 私は御翼の陰に身をさけます。
 私はいと高き方、神に呼ばわります。
 私のために、すべてを成し遂げてくださる神に。
 神は、天からの送りで、私を救われます。
 神は私を踏みつける者どもを、
 責めておられます。(※)

 その祈りは今歌となって、楽器とともに民の前で歌われている。ヨアブはゆっくり歩を進めながら、それを口ずさんだ。

 神よ。私の心はゆるぎません。
 私は歌い、ほめ歌をうたいましょう。
 私のたましいよ。目をさませ。
 十弦の琴よ。立琴よ。目をさませ。
 私は暁を呼びさましたい。(※)

『男』の苦しみの祈りは、しだいに神への讃め歌へと変わり、その瞳が昇る暁の光を力強く返していく。
 美しい、と、ヨアブは思った。
 顕された自分が従う者の真の姿に、心のすべてを奪われた。神が確かにこの『男』に臨み、イスラエルの王としての道を約束しているのだと確信した。
 それゆえに。いやそれ以上に。
 この『男』と想いをともにしたいと、強く願った。
 しかし『男』には、すでに友としての堅い契約のくちづけを交わした相手がいた。仇敵サウル王の長男ヨナタンだ。勇気と人格と身分と、すべてが『男』にふさわしく、なにより主への信頼は『男』のそれに並んでいた。『男』は自分につき従う勇士達をこよなく愛したが、ヨナタンと同じ愛を注ぐことはなかった。
 だから。
 ヨナタンがサウル王と運命をともにしたと聞いたとき、ヨアブは胸のどこかが軽くなったのを覚えている。友を失った『男』の心の間隙をうめようとは思わなかったが(とうてい無理なことだ)、『男』が臨む王への道を、己のすべてを賭して作り上げようと密かに誓った。
 それは主にへではなく、自分と『男』に対しての誓いだったが、ヨアブはいいと思っている。でなければアブネルを手にかけることもできず、今頃のイスラエルは混乱のさなかにあったことだろう。
 しかし、ヨアブへ寄せる王の視線は、明らかに以前と違ったものとなっていた。
 反逆した股肱の臣をのろったためではない。あのような呪詛は、ヨアブにいささかの畏れも抱かせない。母のツェルヤの子とされるヨアブ達兄弟の父の家など存続するに値しないし、もともとこの世は病と飢えと無能者で満ちている。
 王はヨアブの目指すものに気づいのだ。それが明らかに、現実の自分を有利に導くと知って戦慄したのだ。民がヨアブを責めれば処罰の道もあったろうが、アサエルへの血の報いと解されては、なすすべはなかった。ツェルヤの子達の誉れはかくのごとく高かった。
 それで。
 エルサレム攻略のおり、ヨアブが真っ先に突撃するのを見通しての、あの激励があった。
 最初にエブスを討った者を軍団長にする。
 いくら侵入路が明らかとはいえ、先頭の者が戦死する見込みは高い。おそらく王は、ヨアブの処遇を神の手にゆだねたつもりだったのだろう。
 神の差配はヨアブの生にあった。
 ヨアブの確信はゆるぎないものとなった。神の祝福が得られたからではない。王と王国が流さねばならない血の咎を負うべきは自分だと、神が認められた。
 そうとしか思えなかった。
 エルサレムに遷都して王のヨアブへの態度は元に戻ったが、時折その瞳には以前にはなかった憂いがのぞいた。
 王よ、憂うことはない。
 
 ヨアブが天幕へ戻る気配を察して、うたた寝していた従者が飛び起きた。火皿にともした灯りを柱につるして退出する。わずかな光を受けて、天幕の端に置かれている武具や道具箱の陰が浮かんだ。
 ヨアブは一つの箱を開け、閉じられた粘土版と陶器片を取り出した。昼間ウリヤから受け取った、王とアビシャイからの手紙だ。王の護衛兵を務めている弟には、時に応じて王の様子を知らせるよう命じてあるが、いくら文字が読めないとはいえ、包みもしないでウリヤに託す迂闊さは厳重注意ものである。
 陶器片には、王は先頃人妻を召して身ごもらせたらしい、と書かれている。
 そしてすでに封を切った粘土版を開くと、王手ずからの文字がこう告げていた。
「ウリヤを激戦の真っ正面に出し、彼を残してあなたがたは退き、彼が打たれて死ぬようにせよ(※)」
 ヨアブはゆっくりと粘土板の上に手を重ねた。
 愚かな王だ。愚かな男だ。
 しかし、ヨアブにはこの愚かさが、叫びだしたいほどにうれしかった。これは王自身がヨアブを、己の血の咎をともに負う者と認めてきた証左だ。この自分、ヨアブの血の助けとともに、王国を築こうとする決心の表れだ。
 人差し指で、粘土に刻まれた文字をたどる。ヨアブの口元に笑みが浮かんだ。
「ウリヤよ。確かに王が主に従う限り、勝利はイスラエルの手に渡される」
 万が一には成功する目もあるかもしれない。しかし、それはイスラエルの王にとって勝利となるのだろうか。
 主がともにおられる王は、勝たねばならない。王が率いるイスラエルの全軍は、声を一つにして勝ち鬨を上げなければならない。
 そのために、自分はいつでもこの手を血で濡らそう。
 この血の咎を持って、心からの讃め歌を歌おう。
 そうだ、王よ、憂うことはない。
 イスラエルの掲げる、わが主、わが王よ。
 ダビデよ。
 その栄光はとこしえまで。

 ヨアブは粘土版の文字を握りつぶした。


                 (了)

(※)引用/旧約聖書 新改訳第3版
 

スポンサーサイト
Comment Please!
  ※コメントタイトルでネタバレしないでください。
  ※コメント本文ネタバレ可。
Secre

TOP

Comments for this article...

拝読致しました。

重厚な歴史小説、有難うございました。

恐るべき筆力

お話全体として面白いかと言われると、「ウーン…」というのが個人の正直な感想ですが、ともあれ文章力が凄まじい。ほかにどんなの書いていらっしゃるのか気になります。

拝読しました。

世界史が苦手だった私、恥ずかしながらあの「男」については名前しか知りませんでした。
なので、じっくりと読みかえし、彼の素性や生き様を調べ、物語の前後背景を理解した所です。
実の所ヨアブは王の失態に、呆れているのではないかと思っております。
でも、ヨアブは「仕方ないなぁ」と思いながら、王の役に立てるのが嬉しくて尻拭いをしているのかもしれません。
彼にとって王は絶対。王の為ならその手を血に染めることもできるし、命を捧げることもできる。それは究極の服従であり、愛にも等しく感じました。
本当、妻を寝盗られたウリヤは不幸というか不憫と言うか……間が悪すぎたとしか言いようがないです。

感想

格調高い歴史小説なのに、情感と風景が鮮やかに描かれている。
私が読んだ作者さんの作品の中ではトップレベルだと思う。
難を言えば、背景を知らない読者のためにもう少し説明してもいいかもしれない。

拝読いたしました

平さん、こんにちは。

海外の軍記ものですねー。あ、ベツレヘムと言えばクリスマスの星。なんて感じの知識量と感覚で読んでしまったのですが、文章力に敬服いたしました。
現場での雰囲気が流れるように掴める描写がすごい、と思いました。

拝読致しました!

 格違いの高い文章力に圧倒されつつ、歴史的背景をきちんと頭に入れて読めば格段に楽しめるのだろうなぁと、自分の知識のなさが口惜しいことしきりです。
 そのあたりを分かっていなくても、豊かな語彙と表現で支えられた物語はまるで一編の映画を鑑賞しているかのようで、ワンシーンワンシーンが目に浮かびました。

 それにしても……ウリヤさん……(涙)

「讃め歌」拝読しました。

はじめまして。お話拝読しました。

このくだりは聖書で読んでいて、「全くとんでもないことするな、この王様…」と思っていたのですが、こうして物語として読むとその「とんでもないこと」の周囲にも様々な人の感情があり、企みがあり、かの王の罪だけが存在していたわけではないことをしみじみと実感しました。
特にヨアブ、彼の独白には喜びや愛憎が渦巻いていて、ぞっとするような色気すら感じました。ある意味揺るぎない真っ直ぐな信念、いや執念なのかな。そういうものが彼から匂い立つようで、少し怖くて、でも美しい。
対照的にウリヤもまた真っ直ぐな信念を持つものでありながら、それゆえに命を落とすことになったのが皮肉ですが…王の最初の企てが上手くいってたらどうなってたのか、ちょっと考えてしまいます。

それにしても皆さん仰ってますが、素晴らしい筆力をお持ちですね!
これほど長く濃厚なお話でありながらとても読みやすかったです。

読ませていただきました

紅月赤哉です。作品、読ませていただきました。

上から順に読んできましたが、明らかに毛色が違う作品でたまに読む歴史小説と全くそん色なくて、表現がいちいちツボに入ってきました。

素敵な作品ありがとうございました。

拝読しました。

一度読んで「元はどうだっけ」となりまして。ダビデ王について調べ直しました。
聖書の物語、王の罪の物語とは裏返しの、罪の被害者と「実行犯」の会話劇なのですね。若き戦士が妻の家に帰らなかったことも結末と繋がる意味合いがあって、犠牲者の人の良さが際立つほど、王の罪の愚かしさがクローズあっぷされて、この作品においては主人公の歪んだ歓喜へと結びつく……。
面白かったです。

ご感想御礼

 最終日になってしまいましたが、読んでいただいた方々に心からの御礼を申し上げます。
 この話は、おそらくクリスチャンにとってもかなりコアなものなので、ましてダビデ王をご存じない方々には、右も左もわからない内容だったのではないでしょうか。
 それでもサムエル記を読む毎に、ヨアブという人物の心情が気になり、いつか小説として書きたいとの思いが募り、今回この場をお借りした次第です。
 わかりづらい時代背景の中、多くの方々に読んでいただき本当に感謝です。
 ちなみに、ウリヤについて聖書に書かれているのは、ヘテ人でバテ・シェバの夫であること、ダビデの30人の勇士の最後に名があるということだけで、年齢設定や活躍は創作です。ですから他の旧約聖書物語では、晩婚のおっさんという場合もあります。
 また、ダビデの手紙は聖書の記述にあるとおりですが、具体的な作戦も創作となります。
 おまけとしてヨアブのその後ですが、変わらずダビデに仕え続け、ダビデの意に添わぬ大きな殺人を更に二度重ねます。それでも将軍として名声を馳せた後、ダビデの死後、その子ソロモン王によって粛正されました。
 興味のある方は、旧約聖書のサムエル記、列王記をお読み下さると、どっきどきです。
 以下、ご感想いただいた方々への、お礼のご挨拶です。

>猫 様
 お読みいただきまして、ありがとうございました。

>盲管 様
 お読みいただき、ありがとうございます。
 旧約聖書の有名なエピソードを題材にし、自分の趣味満載で書き上げました。
 内容にあわせて文章はワイルドになりましたが、他の作品はもう少し軽めです。

>和 様
 お読みいただき、ありがとうございます。
 この作品がダビデを知るきっかけとなってうれしいです。聖書でもマイナーな人物のエピソードと、ウリヤの名が、勇士として一番最後に書かれていることから、このような話ができあがりました。

>流山晶 様
 いつもお読みいただきまして、ありがとうございます。
 自分としてはハイペースの三日で書いたので、勢いがある反面雑にな感があったのですが、そう言っていただくとうれしいです。
 ストーリーの流れを壊さないよう背景説明するのは、なかなか難しいですね。今回は制限枚数も足りなくなり、かく次第となりました。

>げこ 様
 お読みいただきまして、ありがとうございます。
 クリスマスの夜、御使いが羊飼いに伝えた言葉の「今日、ダビデの町ベツレヘムで、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました」ということで、ダビデの出身地でした。
 描写へのお褒めをいただき、嬉しいです。

>秋待諷月 様
 お読みいただきまして、ありがとうございます。
 メインストーリーは有名ながら背景のエピソードがマイナーな中、力技で物語を進めてしまいました。煙にまいてしまったようで、申し訳ありません。それでも、イメージが伝わったことに感謝です。
 ウリヤは聖書によると、ダビデの勇士達の最後に名を数えられています。

>森崎緩 様
 お読みいただきまして、ありがとうございます。
 聖書を読んで、ヨアブはいつかお話にかいてみたい人物でした。いろいろ思いを馳せ、作り上げた彼の心情が伝わって嬉しいです。
 エルサレム攻略の際のダビデの心中は、作中のヨアブの憶測なのですが、どういう理由からかわからずとも、神が彼を生かしたことは確かでしょう。
 わかりづらいお話を、このようにいろいろ感じていただき、とても嬉しかったです。

>紅月赤哉 様
 お読みいただきまして、ありがとうございます。
 夏祭りはお題から国内が連想されがちですが、夏は日本ばかりではないはずと、へそ曲がりなお話となりました。確かに、毛色はいろいろな意味で違いましたが、ツボにはまったところもあったようで、ほっとしました。

>麻生新奈 様
 お読みいただきまして、ありがとうございます。
 メインストーリーのおもしろさは、多分に聖書の記述によるもので、さすがに世界的に有名な箇所だと思います。その展開にのって、ヨアブの心情を探ってみました。

COMMENT
TOP

What's New (Comments)































COMMENT
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。